So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

セヒージャ(Cejilla スペイン式木製カポタスト)の改造 [ギター]

  先日、アウラの通販で楽譜を買うついでにスペイン式木製カポタストを購入しました。日本製のパコ・モデル:プロフェソールという物です。パコモデルの一番安い物は売り切れでした。値段の違いは装飾の違いで機能的な差は無いようです。現物を見ずに買ってしまったのですが、木部の作りは良いものの構造的にこれで良いのかと思う物で買ったことを後悔しました。
1.jpg
  カポタストはあまり使うことは無いのですがスペイン式の木製カポ、セヒージャはオシャレですから以前から欲しいと思っていたのです。出来ればCRANEの鶴田さんの製作した物が欲しいと思ってホームページをチェックしていたのですが新作の情報が出ず、市販品を購入してみたのです。市販品は皆、紐の部分がクリアナイロンなので風情に欠けるのが残念ですが、そこは妥協しました。届いた現物を見るとネック裏に回る革の内側にナイロンが通っていて、このまま締め上げるとネックに跡が付いてしまいます。本来はナイロンの締め付けからネックを保護する為に革があるはずです。単純にもう一つ穴を明けて外側に通すのを忘れた不良品なのか、最初からそういう設計なのか分かりませんが、このままでは使えません。
2.jpg
  ペグ側のナイロンを外して、穴を一つ空けるだけで改造可能ですが、元々の革も見た目がビニールっぽい物なので木部以外を取り換えることにしました。本当は鶴田さんのように本物のガットを使いたいところですが、身近にあったアクイーラの使い古しのナイルガット弦を流用することにしました。乳白色なので良い感じになります。また革は東急ハンズでハギレの小さい素材を2つ買ってきました。一枚300円です。
3.jpg
4.jpg
  まずはオリジナルを分解します。木部と革は接着されているので無理やり剥がします。ナイロン糸は端を焼いて丸めてあるだけですので、切って外します。
5.jpg
  外した本体側の穴にナイルガット弦を通し、ライターで炙って抜けないようにします。次に買ってきた革を幅を合わせてカットします。接着剤を使うとやり直しが面倒になるので両面テープで貼り付けました。ギターに装着する時は挟み込むことになり接着の強度は不要ですから両面テープで十分です。後はキリで両端に2つづつ穴を空けてナイルガットを通します。ナイルガットの長さを調整してペグ側に通してライターで端を丸めれば完成です。
6.jpg
  2つ買ってきた革のピンクがかった色の方にしてみました。弦を押える部分とネックを保護する部分を同じ革にしているので革の固さで音がビレる可能性がありますが、とりあえず大丈夫そうです。
7.jpg
8.jpg
  構造的に単純ですからダメならまた違う材料でやってみれば良いだけです。弦を押える本体側に貼り付ける革料とネックの保護用の革材を分離して別物にすることも出来ます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

新国立「ジークフリート」鑑賞 [音楽鑑賞]

2017年6月1日の新国立劇場の「ジークフリート」初日を鑑賞してきました。座席はC席で4階3列目の桟敷席です。桟敷席というのは舞台から遠いので視覚的には厳しいですが、音響的には音が集まってくるのでとても良い場所です。昨年からのプロジェクトである飯守先生のニーベルングの指輪も3公演目となり、残すは今年秋の「神々の黄昏」のみとなります。前夜祭の「ラインの黄金」と第1夜「ワルキューレ」はオーケストラが東フィルでしたが第2夜「ジークフリート」は東京交響楽団でした。ちなみに「神々の黄昏」は読響です。
飯守先生の初日ということでまとまりに欠けるのではないかという不安がありましたが、歌手もオケも乱れることなく素晴らしい演奏でした。何より東京交響楽団の精度が高く、さらに飯守先生の要求したであろう音楽を見事に具現化していて素晴らしい音を聴かせてくれました。歌手も皆素晴らしく特にジークフリート役のシュテファン・グールドは最後まで圧倒的な声量のヘルデンテノールを聴かせてくれました。グールドと並ぶとさすらい人(ヴォータン)がやや小粒な印象はありましたが、皆高水準で大満足です。
リングとなるとどうしてもホルンに注目してしまいますが、1番は大野雄太さん一人で全幕吹き切り、最後まで安定した素晴らしい音を聴かせてくれました。5番ホルン(ワーグナーテューバ1番)がジョナサン・ハミルさんで東京交響楽団の現役ホルンセクションは高水準です。ただ2幕のホルンコールは誰が吹いていたかは分かりませんが初日ということもあってでしょうが、かなり残念な出来でした。ただ演出的にあまりに間を取り過ぎていてステージに合わせて裏で吹くのは大変だろうなと思いました。
実は「ジークフリート」がこんなにも面白いということを今回初めて分かりました。全三幕で4時間超の長丁場ですが眠くなることもなく、最後まで堪能しただけでなく感動しました。学生の頃に二期会のジークフリートを東京文化で見たのですが、その時は知識もなく字幕も無かったのでとても退屈だったのでそれがトラウマになっていたのでしょう。新国立の音響と字幕はオペラの楽しみを教えてくれます。
ただあの頃に比べればリングの世界観や示導動機、ワーグナーの音楽を演奏者として経験してきて聴こえてくる情報量が違うということもあります。飯守先生のリング、最後の「神々の黄昏」が俄然楽しみになってきました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

クラシカルに挑戦 [ギター]

昨日の5月3日に行われた第48回クラシカルギターコンクールに参加してきました。クラシカルへの挑戦は昨年に続き2回目になります。昨年は私のような年配者が出ることは場違いではないかと恐々と様子見のつもりでした。昨年参加してみて優勝争いのレベルはとても高いながら予選出場者の平均レベルはそれほどでもなく、本選出場の可能性はゼロではないとの感触を得ました。それ故に今年については1年かけての大きな目標として取り組んできました。昨日の予選での自分の演奏は酷いものとなってしましましたが、それが今の自分の実力なのだと素直に思います。今年感じたことは若い人達に対して音楽的な不満は多く感じるものの、音を並べる技術という点では全く敵わないということです。そもそも技術で競うつもりは最初から無いのですが、技術が不足するものが音楽で勝負出来るレベルのコンクールではないと思い知りました。これは自分を卑下している訳ではなくクラシカル入賞を目標とすることは自分には適していないという判断です。今年の1位は中学2年生とのことでクラシカルは若手が競いレベルを高めて行く場としてのコンクールであるべきと思います。クラシカルの予選と本選の課題曲は難易度も高く量もあります。今年の本選課題曲のタンスマンの練習でも苦戦しました。それでも自分のレパートリーにしたい名曲として遣り甲斐がありました。クラシカルの準備として課題曲と自由曲を合わせて30分程の曲を仕上げる必要があり、それを毎年続けるのは厳しい物があります。ですので来年のクラシカルは考えないことにして、もう少し敷居の低い場にチャレンジしたいと思います。今年のクラシカルのために準備してきたタンスマンのカヴァティーナ、ポンセの南のソナチネ、クレンジャンスのアリアは自分のレパートリーとして今後に活用していきます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

良い音を響かせる [ギター]

先月、下の写真の82年のベラスケスを入手しました。2本手放したので手持ちのギターは次の3台です。
マルセロ・バルベロ・イーホ2002
マヌエル・ベラスケス1982
エンリコ・ボッテーリ2014
DSC_0682e.jpg
3台とも表面版はスプルース、裏板はハカランダです。昨年の秋口からメインの楽器としてバルベロ・イーホを使っています。弾き易い楽器ではありませんが、この楽器の扱いに慣れてきてますます惚れ込んできました。手元で大きく鳴る楽器ではないので、当初は音量感に不安がありましたが自分で感じる以上に鳴っているということが分かってきて、今では楽器を信じて弾くことが出来るようになってきました。
入手したばかりのベラスケスはバランスも良くバルベロ・イーホに比べると弾き易い楽器です。手持ちの中で最も古い物ですが、あまり弾かれていなかった楽器で音はまだ枯れていません。レッスンに持って行った時に先生に弾いてもらった音を聴いて、自分ではまだこの楽器の性能を活かしきれていないことも分かり、弾き込むことでさらに鳴ってくると思いますので今後が楽しみです。ボッテーリもベラスケスもハウザー一世を意識した楽器で共通する特徴として粘りと柔らかさがあります。その為に強いタッチでも楽器が受けとめてくれ、音が潰れ難いのです。力みや粗さをある程度楽器が吸収してくれるので、本番でのミスやタッチのブレをカバーしてくれます。ですがそれはある限度以上の強さで弾いても音量としては飽和していて出ている音量は変わっていないのだということが分かってきました。それはバルベロ・イーホを使うことで実感出来たと言えます。バルベロ・イーホは硬質でタッチに敏感です。強すぎるタッチでは音が潰れます。それで最初の頃はもう少し強いタッチにも耐えて欲しいという不満を持っていました。ですが決してダイナミックレンジが小さい、鳴らない楽器ではなく、自分の弾き方が悪いのだと分かってきました。この楽器を上手くコントロールする技術を身に付けられればベラスケスやボッテーリにも応用が効くと思っています。
力ずくで弾くのではなく、深いタッチで楽器を響かせることを目指していきます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

音楽知識は必要か [音楽表現]

 先日ある方からアマコンで優勝出来るには私位の音楽知識が必要なのかと尋ねられましたので、少し書いてみます。結論から言えば一つの曲を仕上げるだけなら知識は無くても良い演奏をすることは可能です。極端な話として楽譜を読めない人でもコンクールで優勝することは可能でしょう。何故ならコンクールで読譜力を試されるような初見審査はありません。課題曲や自由曲を10日で準備しようが10年弾き込んで臨もうが、本番でより説得力のある演奏をした方が勝ちだからです。一つの曲をレッスンで徹底的に先生に仕込んでもらっていれば本人の音楽知識の不足は先生が補ってくれれるでしょう。あるいは先生に習わずとも感が良ければ人の演奏を真似するだけでもそれらしい演奏は可能です。アマチュアであれば一曲入魂で得意な曲であればプロ顔負けな演奏をすることも出来るでしょう。アマチュアであれば音楽の楽しみ方は人それぞれで良いのです。

多くのクラシックギター愛好家はまず名人が弾いている演奏を耳にして、この曲が素敵だから自分でも演奏できるようになりたいと考えるはずです。その曲が好きだから演奏したいと考えている時点で、その曲のイメージを既に持っています。カラオケがうまい人と考えると分かり易いかもしれません。カラオケで歌う場合にほとんどの人は聞き覚えで歌っていると思います。カラオケが上手い人というのは音楽の知識ではなくて、音程やリズムや抑揚まで含めて聞き覚える耳を持っている、俗にいう音感の良い人です。音感の良い人はギターを弾いても楽譜は読めません、理屈は分かりません、フィーリングで弾いて弾いていますと言いながら、上手に演奏します。その人がフィーリングと言っているのは誰かの演奏の聞き覚えなんです。稀に聞く耳は持っていながら音痴な人がいます。人の演奏の良し悪しは分かるけれど演奏するとグダグダになってしまう人、とことんリズムが取れない人がいます。そういう人でも訓練すれば必ず改善しますので好きなら諦めずに努力すれば音感は良くなります。

クラシックギターはたった一人で演奏出来る楽器です。ですから、音感が良い人、音感を鍛えた人は音楽知識は無くても好きな曲であれば体で覚えて立派な演奏をすることが出来ますし、アマチュア演奏家としては幸せに暮らせます。

ですがアマチュアであってもアンサンブルや合奏をしようと思うと残念ながら感性だけでは演奏出来ません。自分の音と他の人の音を客観的に聴けること、テンポやリズムを他の人に合わせられることが必要で、その場の状況に合わせられる柔軟性も必要です。そして他人と練習時の音楽の擦り合わせをする上で共通言語として音楽理論は欠かせません。各自が好き勝手な演奏をしても良いアンサンブルにはならないですし、只々周りの様子を伺って合わせるだけでも駄目なのです。独奏でも合奏でも同じでただ単に音を順番に並べるだけでは良い音楽にはならないのです。

ではプロの世界はどうなのか、基本的にはプロとして生き残れる人はやはりそれなりな経験と知識を持っているものでしょう。仕事によってはその場で渡された楽譜を演奏しなければならないこともあるでしょうし、教えるにしても生徒が知らない曲を持ってくるかもしれません。プロを目指している若手のギタリストはどうなのか、勿論皆ものすごい努力をしているのだと思います。でも難しい曲を間違わずに弾けることに終始して、音楽全般を学ぶことを軽視していないかという危惧を感じます。これはギターに限らず音大生などでクラシック音楽の演奏家を目指しているにも関わらず、クラシック音楽への興味があまりない人、自分の楽器に係る曲しか知らない人が多くみられます。私位の年代で音楽を専門に学びプロとして生き残っている人の多くは元々がクラシックオタクな人が多かったように思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マヌエル・ベラスケス [ギター]

2014年に97歳で亡くなった名工マヌエル・ベラスケスについて調べていました。私が最初に購入した手工ギターは1992年に野辺正二で目白にあるギタルラ社でした。ギタルラ社では厳選した輸入ギターを取り扱っていることを売りにしていて、その中でもベラスケスを高く評価していました。野辺ギターを買う時に当時150万程したベラスケスの新作を少し弾かせて頂き、その頃からベラスケスは私の憧れのギターの一つでした。ベラスケスについての情報を海外のサイトのバイオグラフィーやインタビュー記事を見てみると日本版のwikiや店舗の紹介記事はあまり信頼出来ない情報が多いことが分かってきました。
例えばあるショップの紹介では次のように書かれています。
"1917年プエルトリコ生まれ。家具職人からスタートした彼は、ヴァイオリンやギターの修理を行うようになり、その後1950年代から本格的にギターの製作を始めました。1965年頃までの楽器はハウザー一世モデルで少し小型の楽器でしたが、アメリカに移住後1980年代までの楽器はアメリカ人の体格と趣味に合わせたのか大型化しパワーに優れた楽器になっています。その後は再び初期の型に戻し高い評価を得ていますが、高齢の為現在製作は行っていません。"
ベラスケスのギターは50年代60年代前半の初期のモデル、ボディを大きくした第2期のモデル、再びボディサイズを元に戻した3期のモデルに分かれるということは良く知られていることです。また特に初期のモデルの評価が高いというのも確かです。では上記の紹介文は何処が間違いかというと、アメリカに移住してアメリカ人の体格に合わせて大型化したという記述が大きな間違いです。ベラスケスのルシアーとしてのキャリアは1940年代にニューヨークに工房を開いてから本格的にスタートしています。ですから最初からアメリカで製作していて、早い時期に高い評価を得ていたのです。やや大型化したのはラミレス三世などの影響で60年代にギターに音量を求める風潮が生まれたことが要因だと思います。
ベラスケスのギターはまるでハウザーのコピーのように見えますが、ベラスケス自身はハウザーのコピーとは言っていません。彼はトーレススタイルに拘り、ハウザーやサントス・エルナンデスから影響を受けたと言っており、生涯トーレスの7本のファンブレイシングの構造を堅持しています。但し、ある時期から高音側に斜めのブレイシングを追加するようになったようです。ではハウザーを意識していないかというとそうではなく、プエリトリコに訪れたハウザー一世を持ったセゴビアを聴いたことが大きく影響しているようです。セゴビアのハウザー一世自体がトーレスの影響を大きく受けているのですから、ベラスケスがトレースモデルだと言っていることに間違いはないでしょう。
さて50年代にニューヨークで成功したベラスケスは何度もアメリカとプエルトリコで移住を繰り返しています。1962年にはプエルトリコに戻り大きな工房を設立しています。ベラスケスの工房品ラベルの楽器はこの時期から作られるようになったものと思われます。1966年には再びニューヨークに戻ります。さらに1972年から1982年まではまたプエルトリコに帰国しており、82年にアメリカに戻った先はバージニア州のアーリントンで、その後にフロリダに移住しています。ベラスケス自身の製作によるラベルはニューヨークまたはプエルトリコと書かれていますが製作された場所は年代で異なることになります。
ここで気になることは初期型に戻った第3期は何時からなのかという点です。そこも上記の紹介文のように80年代としていたり、wikiでは80年代後半と書かれていたります。大型化した楽器というのはボディの厚さ、ネックの幅などに違いがあるので現物を計ってみれば分かるのですが、ベラスケスを多く扱ってきたギタルラ社で1980年製の楽器が第3期の物と紹介していますので80年代以後の楽器は第3期に該当すると思っても良さそうです。
ベラスケスは塗装についても拘りを持っていて、ギターで一般的なセラック(french Polish)よりもバイオリンの塗装などに用いる油性ニス(Oil Vernish)が優れているという考えで基本的にはOil Vernishのようです。但し、プエルトリコでは気候の関係で油性ニスではなくラッカーを使用していたと本人が言っています。また、顧客の要望により表面版はセラックという対応もしていたようです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

松井ギター工房訪問 [ギター]

 2月5日にギター製作家の松井邦義さんからアマコンの優勝賞品のギターが完成したとの連絡を頂きました。送って頂けるとのことでしたが、特に予定の無い日曜だったので直接受け取りに工房まで伺いました。車で近くまで行って電話したところ息子さんの啓泰(ヒロヤス)さんが外まで迎えに出てくれました。啓泰さんも3年位前から自分の名前のギターを作られています。邦義さんと同じ仕様の楽器でも少し安い価格で売られていますのでお買い得かもしれません。私の知人が啓泰さんのギターを昨年に購入したのですが、今回受け取った邦義さんのKM2と変わらない良い楽器です。KM2の特徴として19フレットがサウンドホールより上にあり、指板に余裕があります。そこでその場でお願いして20フレットを取り付けて頂きました。木材を張り付けただけのものですが、きちんと高さと形状は丁寧に合わせて頂きました。

下は20フレットを取り付け作業中の写真です。
1.jpg

20フレット
20f.jpg

啓泰さん
2.jpg

邦義さんと私
3.jpg

受けとった楽器は市販されているものと同じ標準仕様のKM-2で、表面板はセラック塗装で横裏はカシューとのことです。出来立ての楽器ですが全音域でむらなく良く鳴っています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

新交響楽団最後の演奏会 [ホルン]

 昨日の1月29日に行われた新交響楽団236回演奏会で私のオーケストラでの活動の最後となりました。大学に入学した1981年からオーケストラで演奏することを休みなく続けてきました。社会人のオーケストラとしてはザ・シンフォニカに15年在籍し、2002年からは新交響楽団で今日まで演奏を続けてきました。その他にも東京アカデミッシェカペレ、東京マーラーユーゲントオーケストラ、浦和フィル、宮前フィル、アンサンブルフランなどでも演奏させて頂きました。新交響楽団は年に4回の演奏会を行っていますので14年半の間に定期だけで58回の演奏会で演奏したことになります。昨日の午前中のステージリハーサルで大ホールでホルンを響かせるのもこれが最後かと思うと少し感傷的になってしまいました。
ステージリハーサルで全曲通しましたが、ホールの響きを楽しまないと勿体という気持ちになり、手を抜かずにリハーサルを楽しみました。本番では多少の緊張からのミスもあり、完璧ではありませんでしたが、自分らしい演奏が出来たと満足しています。牧神の午後への前奏曲を吹いて、2曲目の遊戯は降り番でしたので袖に下がりましたが、その時にマエストロから「君はホルンを吹いている時にいい顔をしているね。音楽を楽しんでいる。」ととても嬉しい言葉をかけて頂きました。自分の最後のオーケストラが「火の鳥」というのも出来過ぎですがフィナーレのホルンソロは実はとても嫌なソロなのです。高くも低くもない音域で楽そうに思うかもしれませんがH-durという調性はホルン的にはとても外しやすい音の連続です。間違いなく吹けるという自信はありましたがホルンに絶対はありません。このソロを吹くために考えていたことはこのフィナーレは祝いの場であるということで、緊張とは無縁な喜びの音楽であるということです。ソロの前の弦楽器のトレモロの進行から自分が出すべきFisの音を頭の中に鳴らし、意識して体の緊張を解き、自然な呼吸からストレスのない息を楽器に吹き込む、それだけを意識していました。最初の音が綺麗に響いた時に自分も安堵しましたし、オケの仲間も、お客様もほっとしたのではないでしょうか。ただ安心の後にミスは出やすいもので、その後で音がひっくり返りそうになったり(ギリギリセーフか?)疲れから若干音質がガサついてしまいました。それでも自分に出来ることは出来たという達成感はありました。
16387076_422401798112714_6471136994464606982_n.jpg
 終演後の打ち上げでオケを辞めてギターに専念しますと言ったところ、マエストロには大変驚かれましたが、「それなら武満のギター協奏曲をやろうよ。あれは僕が初演したんだよ。」という冗談ながらもありがたいお言葉を頂きました。調べてみると武満徹:夢の縁へ「鈴木一郎とリエージュ国際ギター・フェスティヴァルの共同の委嘱。1983年3月12日同音楽祭で、鈴木一郎、矢崎彦太郎指揮リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団により初演。」とのことでした。
 私はあがり症で本番に弱い所があるのですが、楽器は違えどギターでのあがり対策とホルンのそれは同じです。ギターのレッスンで田口先生から毎回指摘される脱力をホルンでも意識すること、そのことが最後のオケのステージでも生かせたと思います。オケから離れることは寂しいですが、アマチュアとはいえハイレベルなオケの現場を数多く経験してきたことはギタリストとしての大きな財産です。この時点でオケから離れたことを後悔しないようにギターに取り組んでいきたいと思います。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

正月休み [雑談]

明けましておめでとうございます。

正月休みはギターとパソコン、アマゾンビデオに終始しました。
予定していた作業はとりあえず完了です。

2月に予定しているピアノと管楽器の室内楽演奏会でテレマンの4重奏または3重奏曲TWV43:e3の通奏低音パートをギターで演奏することになり、鍵盤譜からギター譜をパソコンで作っていました。フリーソフトのMuseScore2を使いましたが無料ソフトとしてはとても良く出来でいます。12月30日から1月1日の3日間で各日数時間の作業で全楽章の作成が完了しました。

1月末締切のコンクールの一次審査用の録音を行いました。曲はソルの練習曲Op.35-22「月光」で、こちらも12月30日から1月3日まで毎日数テイクの録音を行いましたが最終的に1月2日の物で応募しようと思います。

年末にyoutube録画機材のZOOM Q2HDを後継機種のQ2Nに新しくしました。基本はQ2HDと変わりませんがQ2HDは動作が安定しなかったので買換えました。機能的には外部マイク入力が出来る位の違いですが動作は安定しているようです。画質は魚眼の歪みが大きくなってむしろ劣化していますが、画質には拘らないので良しとしています。画角を5段階に調整出来るのですが一番狭くして使っています。以下はFaceBookのクラシックギター演奏愛好会の1月課題曲を1月2日に収録した物です。



Amazon Fire TV Stickを入手してから嵌ってます。dTV30日無料とかでは全く見る気がしませんでしたが、テレビでリモコン操作だけで映画やTVドラマを見ることが出来るという手軽さは別世界です。おかげで年末年始特番の面白くもないTV番組を見ることもなくamazonプライムビデオを見まくっていました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2016年を振り返って [雑談]

2016年を振り返ります。
 2016年は私にとって大きな転機となりました。一番大きなことは休むことなく続けてきたホルン奏者としてのオーケストラ活動を辞める決意をしたことです。自分の中ではとっくに決めていたことですが、混乱を避ける意味でも意思表示の時期を選ぶ必要があり、ようやく落ち着いてきました。新交響楽団での演奏は1月29日の演奏会で終了となります。ですが出身大学のオーケストラの仲間と2月12日に管楽とピアノの演奏会を行うことになり、今現在はホルンを吹くことがとても忙しい状態にあります。結果がどうなるかは分かりませんが良い演奏が出来るように最後まで頑張るつもりです。
 さてギターでは全日本アマチュアギターコンクールで優勝出来たことが一番大きな出来事でしょう。そのこともあってギター関係の人脈が広がりました。お世話になっているクラスタでソロライブもやらせて頂きました。
 マルセロ・バルベロ・イーホとの出会いもありました。弦や弾き方も試行錯誤でしたが最近ようやく楽器に慣れてきた実感があります。来年はこの楽器とともに新しいことに挑戦して行くつもりです。
 今年聴いた演奏で最も感動したのはレオナルド・ブラーボさんでした。インストアライブで狭い空間でとても近い距離だったこともあるかもしれませんが、エルナンデス・イ・アグアドから紡ぎだされる音と音楽に酔いしれました。
 来年は3月からは完全にギターのみで音楽活動をする予定でいます。今まで参加出来なかったイベントにも積極的に出て行って、今年以上に充実したギターライフにしたいと思っています。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -