So-net無料ブログ作成
検索選択

消音 [音楽表現]





バリオスの作品の中でも人気があり、アマチュアギタリストも良く演奏する「フリア・フロリダ」を取り上げてみます。私の手持ちのCD音源としてジョン・ウィリアムス、ジェイソン・ヴィーオ、稲垣稔があります。この曲の冒頭は下記の譜面です。譜面にはいくつか種類があるようで、最初の6弦のレの音は8分音符で書かれているものもあるようですが、譜例のように付点四分音符よりも長い音符のものは見つけられませんでした。世界的名手の演奏にケチを付けるつもりはありませんが、上記の3つの演奏全てが最初のレの音を次の小節まで消音せずに延ばしています。私は曲に取り組む時は譜面から入ります。私の解釈としては譜例に書き込んだように小節の後半(4,5,6拍目)はV7(属七、ドミナント7)で、I->V7->I->V7の和声進行です。V7であればIの音(6弦のレ)は非和声音です。かりに私の和声認識が間違っているとしても譜面にある休符を無視する理由は考えられません。
最終的にどう演奏するかは演奏者本人の考えで良いと思います。ですが名手がそうやっているからという安易な理由で真似をすべきではないと思います。私は消音することを選択しています。

JuliaFrorida.png


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。