So-net無料ブログ作成
検索選択

全日本アマチュアギターコンクール [ギター]





 いつもは8月末に三鷹で行われる全日本アマチュアギターコンクールですが、今年は8月13日に開催されました。3回目の挑戦でしたが幸運にも第1位という最高の結果を得られました。最終予選落ち、次席、1位と成績を伸ばすことが出来たのですが、この3年を振り返ってみます。
 まず初挑戦は2014年の第15回アマコンでした。2013年の3月から田口先生のレッスンを受けるようになって1年過ぎてのことです。この時の予選課題曲が佐藤弘和さんの「素朴な歌」でした。この年の5月にボッテーリの新作を購入してのことでしたが、初挑戦で雰囲気も流れも分かっていませんでしたのでガチガチに緊張して手が震え満足な演奏は出来ませんでした。この経験から本番の緊張下でも安定した演奏が出来るように脱力と指の動きを最小にすることを重点にレッスンをして頂くようになりました。この時の本選の演奏を聴いてみて1位と2位の人はとても高度な技術を持って素晴らしい演奏をされましたが、本選出場者の平均レベルとしては同じアマチュアとして恐れる程ではないとも実感しました。 
 その後の一年間のレッスンで技術的にも上達できたことに加えて、対策としてコンクールの曲を人前で演奏する回数を増やしたことで2015年の第16回アマコンでは本選に残ることが出来ました。この時の予選課題曲はタレガのワルツで本選自由曲はジャン=マリー・レーモンの絆でした。絆を選んだことは上位入賞を狙うには不利だったかもしれませんが、長期間取り組む曲として思い入れを持って取り組める曲であること、この曲を多くの人に知ってもらいたいということからの選曲でした。結果としては次席(4位)でしたが多くの人に強い印象を持って頂けたことで自分としてはとても満足でした。ただ審査員の先生方とお話しさせて頂いた反省も踏まえ、次回はコンクール向きの選曲をして挑戦しようと決意しました。
 それで今年はコンクール向きな曲として「椿姫の主題による幻想曲」を選びました。なお2回目までは出来るだけ周りを聴かないようにということで家が近いこともあり、車で移動して午前中に行われる演奏順の抽選の後で家に帰り、自分の出番ぎりぎりに会場に戻るということをしていました。今年は気持ちに余裕も出来き、また参加者にも顔なじみの人が増えたこともあり、電車で出かけました。ところが予選演奏順が48人中の48番目ということで、とても待ち時間が長いことになってしまいました。そのため16人で休憩が入るということで2回目の休憩前の32人まで客席で演奏を聴いていました。控え室で練習しても疲れますが、客席で聴いているだけでも疲れてしました。
 今年の課題曲はソルのOp31-10でしたが、昨年の予選よりも緊張が大きかったかもしれません。思い通りの演奏は出来なかったものの大きなミスなく行けたと思った最後の最後でミスをしてしまい、今年は予選落ちを覚悟しました。後で審査員の予選の講評を見ると最後のミス以外の部分で評価頂けたようで、本選に残ることが出来ました。ですが自分としてはあの予選の演奏には少し悔いが残ります。
 本選は緊張感の中でもある程度自分の表現が出来たと思います。ですが後半に疲れもあり集中力が途切れてミスが重なったことでどう評価されるかは微妙だと思っていました。10人中の5番目の演奏ということで後半5人の演奏は客席で聴くことが出来ましたが、皆さん良い演奏をされていましたし、私よりも前に演奏された山口さんの演奏が良かったとの会場内の声も聞こえてきました。審査発表はドギドキでしたが、良かったと思っていた久保田さんが特別賞、杉本さんが3位ということで2位で呼ばれるのか選外かと思っていたところ、山口さんが2位とのことで、あれっと思っていたらまさかの1位という驚きでした。ミスした部分よりも音楽表現を評価して頂けたようでありがたいことです。ただ自分としてはスケールや早い動きの安定という面で技術的な不足を感じており、評価頂けたことはありがたく感謝しつつ、反省点は今後の技術的な課題としていきます。なお2位の山口さんとは僅差だったとのことで得られた結果は運に恵まれたものと思っています。その一方で優勝できたことは田口先生のご指導あってのこと、またこの一年でFaceBookなどで知り合った沢山の友達や、クラスタの仲間達の声援のお蔭と感謝しています。一年後のゲスト演奏で恥ずかしくない演奏が出来るようにこれからも頑張っていきます。
13938366_317722218580673_4541266693036257847_n.jpg


スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

渡部利枝

優勝おめでとうございます。
客席で田口先生と聞いておりまして、心が震えました。
やはり田口先生のおっしゃることを一つずつやっていくのが肝要と私自身に命じました。

 実はセミナーに行きたかったのですが、遊びすぎで自制し断念しました。
偶然レーモンさんを検索して今コメントしています。

 ほんと、すごい演奏でした。興奮していた奥様が忘れられない!
by 渡部利枝 (2016-08-15 16:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました