So-net無料ブログ作成

10月2日クラスタライブお知らせ [ギター]





日時のみお知らせしておりましたが、演奏曲目を次のように決めました。
コンセプトとしてはクラシックギターで演奏するクラシック音楽を時代的に広く年代順にとしています。最後の方はクラシックなのかという疑問もありますが、私的にはぎりぎりクラシック音楽の範疇に含めても許される曲と考えています。

第一部 バロックからロマン派にかけて
Sylvius Leopold Weiss (1687-1750) 
ヴァイス/組曲 第14番より パッサカリア
Johann Sebastian Bach (1685-1750) 
バッハ/無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番BWV1003より アンダンテ
Fernando Sor (1778-1839)
ソル/練習曲Op.35より17番「夢」、22番「月光」
Johann Kaspar Mertz (1806-1856)
メルツ/吟遊詩人の調べより マルヴィーナへ
Giuseppe Verdi (1813-1901)
Julian Arcas (1832-1882) Francisco Tarrega (1852-1909)
アルカス~タレガ/椿姫の主題による幻想曲
原曲の椿姫はヴェルディが1852年に作ったオペラということで第一部の最後にしました。

第二部 タレガからセゴビアの時代
Francisco Tarrega (1852-1909)
タレガ/ラグリマ、アデリータ
Manuel de Falla(1876-1946)
ファリャ/賛歌ドビュッシーの墓(1920)
Joaquin Turina(1882-1949)
トゥリーナ/ファンダンギーリョ
Federico Moreno Torroba(1891-1982)
トローバ/スペインの城より 松のロマンス
Alexandre Tansman(1897-1986)
タンスマン/カヴァティーナより
プレリュード、バルカローレ、ダンサ・ポンポーザ

第三部 現役ギタリストの時代
Leo Brouwer(1939-)
ブローウェル/シンプルエチュード 1,2,5番
Francis Kleynjans (1951-)
クレンジャンス/フランス風ワルツ ラ・ミラネーゼ
Alfonso Montes(1955-)
モンテス/別れのプレリユード
Maximo Diego Pujol(1957-)
プホール/5つの前奏曲より
  第2番「物寂しげな前奏曲」第3番「あなたの流儀による悲しいタンゴ」
Jorge Morel (1931-)
モレル/ダンサ ホ短調
Jose Luis Merlin (1952-)
メルリン/「想い出の組曲」より エボカシオンとホローポ

日時 2016年10月2日 19時より
場所 国分寺クラスタ
チャージ 2500円(2ドリンク付き)
ご来場の程、よろしくお願いいたします。

国分寺クラスタ

13962520_568426836662800_6068425010402667606_n.jpg


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました