So-net無料ブログ作成
検索選択

セヒージャ(Cejilla スペイン式木製カポタスト)の改造 [ギター]

  先日、アウラの通販で楽譜を買うついでにスペイン式木製カポタストを購入しました。日本製のパコ・モデル:プロフェソールという物です。パコモデルの一番安い物は売り切れでした。値段の違いは装飾の違いで機能的な差は無いようです。現物を見ずに買ってしまったのですが、木部の作りは良いものの構造的にこれで良いのかと思う物で買ったことを後悔しました。
1.jpg
  カポタストはあまり使うことは無いのですがスペイン式の木製カポ、セヒージャはオシャレですから以前から欲しいと思っていたのです。出来ればCRANEの鶴田さんの製作した物が欲しいと思ってホームページをチェックしていたのですが新作の情報が出ず、市販品を購入してみたのです。市販品は皆、紐の部分がクリアナイロンなので風情に欠けるのが残念ですが、そこは妥協しました。届いた現物を見るとネック裏に回る革の内側にナイロンが通っていて、このまま締め上げるとネックに跡が付いてしまいます。本来はナイロンの締め付けからネックを保護する為に革があるはずです。単純にもう一つ穴を明けて外側に通すのを忘れた不良品なのか、最初からそういう設計なのか分かりませんが、このままでは使えません。
2.jpg
  ペグ側のナイロンを外して、穴を一つ空けるだけで改造可能ですが、元々の革も見た目がビニールっぽい物なので木部以外を取り換えることにしました。本当は鶴田さんのように本物のガットを使いたいところですが、身近にあったアクイーラの使い古しのナイルガット弦を流用することにしました。乳白色なので良い感じになります。また革は東急ハンズでハギレの小さい素材を2つ買ってきました。一枚300円です。
3.jpg
4.jpg
  まずはオリジナルを分解します。木部と革は接着されているので無理やり剥がします。ナイロン糸は端を焼いて丸めてあるだけですので、切って外します。
5.jpg
  外した本体側の穴にナイルガット弦を通し、ライターで炙って抜けないようにします。次に買ってきた革を幅を合わせてカットします。接着剤を使うとやり直しが面倒になるので両面テープで貼り付けました。ギターに装着する時は挟み込むことになり接着の強度は不要ですから両面テープで十分です。後はキリで両端に2つづつ穴を空けてナイルガットを通します。ナイルガットの長さを調整してペグ側に通してライターで端を丸めれば完成です。
6.jpg
  2つ買ってきた革のピンクがかった色の方にしてみました。弦を押える部分とネックを保護する部分を同じ革にしているので革の固さで音がビレる可能性がありますが、とりあえず大丈夫そうです。
7.jpg
8.jpg
  構造的に単純ですからダメならまた違う材料でやってみれば良いだけです。弦を押える本体側に貼り付ける革料とネックの保護用の革材を分離して別物にすることも出来ます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

クラシカルに挑戦 [ギター]

昨日の5月3日に行われた第48回クラシカルギターコンクールに参加してきました。クラシカルへの挑戦は昨年に続き2回目になります。昨年は私のような年配者が出ることは場違いではないかと恐々と様子見のつもりでした。昨年参加してみて優勝争いのレベルはとても高いながら予選出場者の平均レベルはそれほどでもなく、本選出場の可能性はゼロではないとの感触を得ました。それ故に今年については1年かけての大きな目標として取り組んできました。昨日の予選での自分の演奏は酷いものとなってしましましたが、それが今の自分の実力なのだと素直に思います。今年感じたことは若い人達に対して音楽的な不満は多く感じるものの、音を並べる技術という点では全く敵わないということです。そもそも技術で競うつもりは最初から無いのですが、技術が不足するものが音楽で勝負出来るレベルのコンクールではないと思い知りました。これは自分を卑下している訳ではなくクラシカル入賞を目標とすることは自分には適していないという判断です。今年の1位は中学2年生とのことでクラシカルは若手が競いレベルを高めて行く場としてのコンクールであるべきと思います。クラシカルの予選と本選の課題曲は難易度も高く量もあります。今年の本選課題曲のタンスマンの練習でも苦戦しました。それでも自分のレパートリーにしたい名曲として遣り甲斐がありました。クラシカルの準備として課題曲と自由曲を合わせて30分程の曲を仕上げる必要があり、それを毎年続けるのは厳しい物があります。ですので来年のクラシカルは考えないことにして、もう少し敷居の低い場にチャレンジしたいと思います。今年のクラシカルのために準備してきたタンスマンのカヴァティーナ、ポンセの南のソナチネ、クレンジャンスのアリアは自分のレパートリーとして今後に活用していきます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

良い音を響かせる [ギター]

先月、下の写真の82年のベラスケスを入手しました。2本手放したので手持ちのギターは次の3台です。
マルセロ・バルベロ・イーホ2002
マヌエル・ベラスケス1982
エンリコ・ボッテーリ2014
DSC_0682e.jpg
3台とも表面版はスプルース、裏板はハカランダです。昨年の秋口からメインの楽器としてバルベロ・イーホを使っています。弾き易い楽器ではありませんが、この楽器の扱いに慣れてきてますます惚れ込んできました。手元で大きく鳴る楽器ではないので、当初は音量感に不安がありましたが自分で感じる以上に鳴っているということが分かってきて、今では楽器を信じて弾くことが出来るようになってきました。
入手したばかりのベラスケスはバランスも良くバルベロ・イーホに比べると弾き易い楽器です。手持ちの中で最も古い物ですが、あまり弾かれていなかった楽器で音はまだ枯れていません。レッスンに持って行った時に先生に弾いてもらった音を聴いて、自分ではまだこの楽器の性能を活かしきれていないことも分かり、弾き込むことでさらに鳴ってくると思いますので今後が楽しみです。ボッテーリもベラスケスもハウザー一世を意識した楽器で共通する特徴として粘りと柔らかさがあります。その為に強いタッチでも楽器が受けとめてくれ、音が潰れ難いのです。力みや粗さをある程度楽器が吸収してくれるので、本番でのミスやタッチのブレをカバーしてくれます。ですがそれはある限度以上の強さで弾いても音量としては飽和していて出ている音量は変わっていないのだということが分かってきました。それはバルベロ・イーホを使うことで実感出来たと言えます。バルベロ・イーホは硬質でタッチに敏感です。強すぎるタッチでは音が潰れます。それで最初の頃はもう少し強いタッチにも耐えて欲しいという不満を持っていました。ですが決してダイナミックレンジが小さい、鳴らない楽器ではなく、自分の弾き方が悪いのだと分かってきました。この楽器を上手くコントロールする技術を身に付けられればベラスケスやボッテーリにも応用が効くと思っています。
力ずくで弾くのではなく、深いタッチで楽器を響かせることを目指していきます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マヌエル・ベラスケス [ギター]

2014年に97歳で亡くなった名工マヌエル・ベラスケスについて調べていました。私が最初に購入した手工ギターは1992年に野辺正二で目白にあるギタルラ社でした。ギタルラ社では厳選した輸入ギターを取り扱っていることを売りにしていて、その中でもベラスケスを高く評価していました。野辺ギターを買う時に当時150万程したベラスケスの新作を少し弾かせて頂き、その頃からベラスケスは私の憧れのギターの一つでした。ベラスケスについての情報を海外のサイトのバイオグラフィーやインタビュー記事を見てみると日本版のwikiや店舗の紹介記事はあまり信頼出来ない情報が多いことが分かってきました。
例えばあるショップの紹介では次のように書かれています。
"1917年プエルトリコ生まれ。家具職人からスタートした彼は、ヴァイオリンやギターの修理を行うようになり、その後1950年代から本格的にギターの製作を始めました。1965年頃までの楽器はハウザー一世モデルで少し小型の楽器でしたが、アメリカに移住後1980年代までの楽器はアメリカ人の体格と趣味に合わせたのか大型化しパワーに優れた楽器になっています。その後は再び初期の型に戻し高い評価を得ていますが、高齢の為現在製作は行っていません。"
ベラスケスのギターは50年代60年代前半の初期のモデル、ボディを大きくした第2期のモデル、再びボディサイズを元に戻した3期のモデルに分かれるということは良く知られていることです。また特に初期のモデルの評価が高いというのも確かです。では上記の紹介文は何処が間違いかというと、アメリカに移住してアメリカ人の体格に合わせて大型化したという記述が大きな間違いです。ベラスケスのルシアーとしてのキャリアは1940年代にニューヨークに工房を開いてから本格的にスタートしています。ですから最初からアメリカで製作していて、早い時期に高い評価を得ていたのです。やや大型化したのはラミレス三世などの影響で60年代にギターに音量を求める風潮が生まれたことが要因だと思います。
ベラスケスのギターはまるでハウザーのコピーのように見えますが、ベラスケス自身はハウザーのコピーとは言っていません。彼はトーレススタイルに拘り、ハウザーやサントス・エルナンデスから影響を受けたと言っており、生涯トーレスの7本のファンブレイシングの構造を堅持しています。但し、ある時期から高音側に斜めのブレイシングを追加するようになったようです。ではハウザーを意識していないかというとそうではなく、プエリトリコに訪れたハウザー一世を持ったセゴビアを聴いたことが大きく影響しているようです。セゴビアのハウザー一世自体がトーレスの影響を大きく受けているのですから、ベラスケスがトレースモデルだと言っていることに間違いはないでしょう。
さて50年代にニューヨークで成功したベラスケスは何度もアメリカとプエルトリコで移住を繰り返しています。1962年にはプエルトリコに戻り大きな工房を設立しています。ベラスケスの工房品ラベルの楽器はこの時期から作られるようになったものと思われます。1966年には再びニューヨークに戻ります。さらに1972年から1982年まではまたプエルトリコに帰国しており、82年にアメリカに戻った先はバージニア州のアーリントンで、その後にフロリダに移住しています。ベラスケス自身の製作によるラベルはニューヨークまたはプエルトリコと書かれていますが製作された場所は年代で異なることになります。
ここで気になることは初期型に戻った第3期は何時からなのかという点です。そこも上記の紹介文のように80年代としていたり、wikiでは80年代後半と書かれていたります。大型化した楽器というのはボディの厚さ、ネックの幅などに違いがあるので現物を計ってみれば分かるのですが、ベラスケスを多く扱ってきたギタルラ社で1980年製の楽器が第3期の物と紹介していますので80年代以後の楽器は第3期に該当すると思っても良さそうです。
ベラスケスは塗装についても拘りを持っていて、ギターで一般的なセラック(french Polish)よりもバイオリンの塗装などに用いる油性ニス(Oil Vernish)が優れているという考えで基本的にはOil Vernishのようです。但し、プエルトリコでは気候の関係で油性ニスではなくラッカーを使用していたと本人が言っています。また、顧客の要望により表面版はセラックという対応もしていたようです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

松井ギター工房訪問 [ギター]

 2月5日にギター製作家の松井邦義さんからアマコンの優勝賞品のギターが完成したとの連絡を頂きました。送って頂けるとのことでしたが、特に予定の無い日曜だったので直接受け取りに工房まで伺いました。車で近くまで行って電話したところ息子さんの啓泰(ヒロヤス)さんが外まで迎えに出てくれました。啓泰さんも3年位前から自分の名前のギターを作られています。邦義さんと同じ仕様の楽器でも少し安い価格で売られていますのでお買い得かもしれません。私の知人が啓泰さんのギターを昨年に購入したのですが、今回受け取った邦義さんのKM2と変わらない良い楽器です。KM2の特徴として19フレットがサウンドホールより上にあり、指板に余裕があります。そこでその場でお願いして20フレットを取り付けて頂きました。木材を張り付けただけのものですが、きちんと高さと形状は丁寧に合わせて頂きました。

下は20フレットを取り付け作業中の写真です。
1.jpg

20フレット
20f.jpg

啓泰さん
2.jpg

邦義さんと私
3.jpg

受けとった楽器は市販されているものと同じ標準仕様のKM-2で、表面板はセラック塗装で横裏はカシューとのことです。出来立ての楽器ですが全音域でむらなく良く鳴っています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

追悼 佐藤弘和 [ギター]

 2016年12月22日にギタリスト・作曲家の佐藤弘和さんがまだ50歳という若さで亡くなられました。謹んでご冥福をお祈りいたします。
 私は昨年のアマチュアギターコンクール後に審査員だった佐藤さんにご挨拶した時以外に直接お話ししたことはありませんでした。ただその後に私がyoutubeにアップしていた「航海者たち」や佐藤さん編曲の「愛の挨拶」を見つけて頂きfacebook上で紹介して頂いたことが縁でfacebookでの友達になりました。佐藤さんは今年の夏に入院中に作曲された小品の手書きの譜面をfacebookで連日のように発表されていました。私はその譜面を演奏で答えるということをしていてオンラインレッスンのような貴重な体験をさせて頂きました。その時の演奏はそのままyoutubeに残してあります。最終的に改訂版が出されましたがリアルタイムな記録として録り直すことなく残しています。
 先日12月15日に行われた佐藤弘和作品展のコンサートは特別なものとなりました。冗談も交えながらのスピーチの中でまだ曲を書いいて行きたいという言葉に希望を感じていましたが、残念なことになってしまいました。ただこれまでに作られた数多くの楽曲は多くのギタリストに弾き続けられることでしょう。
15日のコンサートの当日に販売された新刊の曲集「青空の向こうに」の中から息子さんのためのベイビーズ・ソング「ひびき(響絆)」を今日演奏してみました。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

クラスタライブを終えて [ギター]

クラスタでのソロライブが終わりました。普段のクラスタでの演奏仲間やFaceBookの友達、オケの仲間が聴きに来てくれて丁度満席となり、とても充実したライブとなりました。途中のMCが長くなり予定より時間がかかってしましたが予定曲全てとアンコール2曲を演奏させて頂きました。演奏の完成度は今の自分の実力相当で、反省点は多くありますが、一人で長時間演奏するとことで得られたことは貴重な経験となりました。終演後はお酒を飲みながらギター談義の楽しい時間で、私のバルベロ・イーホを皆に弾いてもらいこの楽器の良さも再認識できました。ご来場頂いた皆様にあらためて御礼申し上げます。
プログラムは小曲を中心にしていましたが少し欲張り過ぎて後半は疲れが出てしまいました。疲れから集中力が無くなったことによるミスも増えてしまいましたが、収穫としては疲れを感じた時に脱力を意識することが出来たことです。オケでホルンを吹く時も最後は体力勝負になることも多いので、そういう経験が役に立っていたかもしれません。この先に演奏の完成度を上げて行くにはどうしたら良いかという課題も、一曲一曲に時間をかけて丁寧に仕上げて行くしかないという単純な答えが見えて清々しい気持ちです。
今回の曲目については好きな曲、弾いたことがある曲、弾けそうな曲をピックアップして時代分けするという何となくのコンセプトで選んだものですが、拘りとしてバロック以外はギターオリジナル曲に限定したことです。定番曲であってもアルベニスやグラナドスなどの編曲物は取り上げませんでした。後付けの理由ながら20世紀前半にセゴビアが多くの作曲家に働きかけてレパートリーを拡大していた時期がギターの黄金期であったことを再認識し、ギタリストが作曲した曲を演奏し、聴く人もギタリストばかりという小さな世界での需給に陥っている現代のクラシックギター界の課題を再考することになりました。
現代の音楽業界、クラシック音楽業界の抱える問題、課題の中でさらに小さなクラシックギター業界において専門家が稼ぎを得るという切実な問題はあるとしても、セゴビアやブリームがクラシックギターの芸術的価値を高めようとした志を忘れてはいけないと思うのです。真に芸術的価値のあるクラシックギターオリジナル曲をギターに馴染みのない一般のクラシック音楽ファンに知ってもらうことを諦めてはいけないのです。
ということをアマチュアギタリストの私が言って何になるのか、何が出来るのかとは思います。ブリームはギタリストはギタリストだけで群れてはいけない、外の世界と交流せよというようなことを言っていたと思います。幸いなことに私にはアマチュアであってもトップレベルの管楽器奏者、弦楽器奏者の知人・友人が沢山います。草の根であってもそういう人脈を生かし、ギターを含む室内楽ということが私ならではの活動になるかもしれません。今後はそういう演奏活動も視野に入れて行けたらと考え始めたところです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

10月2日クラスタライブお知らせ [ギター]

日時のみお知らせしておりましたが、演奏曲目を次のように決めました。
コンセプトとしてはクラシックギターで演奏するクラシック音楽を時代的に広く年代順にとしています。最後の方はクラシックなのかという疑問もありますが、私的にはぎりぎりクラシック音楽の範疇に含めても許される曲と考えています。

第一部 バロックからロマン派にかけて
Sylvius Leopold Weiss (1687-1750) 
ヴァイス/組曲 第14番より パッサカリア
Johann Sebastian Bach (1685-1750) 
バッハ/無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番BWV1003より アンダンテ
Fernando Sor (1778-1839)
ソル/練習曲Op.35より17番「夢」、22番「月光」
Johann Kaspar Mertz (1806-1856)
メルツ/吟遊詩人の調べより マルヴィーナへ
Giuseppe Verdi (1813-1901)
Julian Arcas (1832-1882) Francisco Tarrega (1852-1909)
アルカス~タレガ/椿姫の主題による幻想曲
原曲の椿姫はヴェルディが1852年に作ったオペラということで第一部の最後にしました。

第二部 タレガからセゴビアの時代
Francisco Tarrega (1852-1909)
タレガ/ラグリマ、アデリータ
Manuel de Falla(1876-1946)
ファリャ/賛歌ドビュッシーの墓(1920)
Joaquin Turina(1882-1949)
トゥリーナ/ファンダンギーリョ
Federico Moreno Torroba(1891-1982)
トローバ/スペインの城より 松のロマンス
Alexandre Tansman(1897-1986)
タンスマン/カヴァティーナより
プレリュード、バルカローレ、ダンサ・ポンポーザ

第三部 現役ギタリストの時代
Leo Brouwer(1939-)
ブローウェル/シンプルエチュード 1,2,5番
Francis Kleynjans (1951-)
クレンジャンス/フランス風ワルツ ラ・ミラネーゼ
Alfonso Montes(1955-)
モンテス/別れのプレリユード
Maximo Diego Pujol(1957-)
プホール/5つの前奏曲より
  第2番「物寂しげな前奏曲」第3番「あなたの流儀による悲しいタンゴ」
Jorge Morel (1931-)
モレル/ダンサ ホ短調
Jose Luis Merlin (1952-)
メルリン/「想い出の組曲」より エボカシオンとホローポ

日時 2016年10月2日 19時より
場所 国分寺クラスタ
チャージ 2500円(2ドリンク付き)
ご来場の程、よろしくお願いいたします。

国分寺クラスタ

13962520_568426836662800_6068425010402667606_n.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

10月2日クラスタでライブ [ギター]

取り急ぎの告知です。
10月2日(日)19時から国分寺クラスタにて単独ライブをやらせて頂くことになりました。
ライブチャージ+ドリンク券で2500円かかってしましますが、ビール、焼酎、ウィスキー、カクテル、ソフトドリンク何でも2杯ついております。
曲目等の詳細は追ってお知らせいたします。
是非、お越しください。
国分寺クラスタ

13962520_568426836662800_6068425010402667606_n.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

レーモン先生のレッスン [ギター]

私の師である田口秀一先生が主催するサマーセミナーin原村に初めて参加してきました。今年はゲスト講師としてジャンマリー・レーモン先生が参加され45分間のレッスンを受けてきました。せっかくのレーモン先生ですのでレーモン先生作曲の「絆」と「水面に映る影に寄せて」を見て頂きました。まずレーモン先生の音ですが今までCDで聴いていた印象と異なり、中野潤さんの楽器から出る音は太く力強い音でした。レッスンを受けるに辺り言葉の心配がありましたが、基本は英語で英会話に堪能な人や仏語も話せる人もいたので何の問題もありませんでした。
 レッスンの内容としては私にだけではなく他の受講生に対してもおっしやっていたこととして、まず楽譜を見たらフレーズを読み取ること、フレーズを歌ってみて自然な息継ぎをするようにギターを弾く時も自然な間を取ることを強調されていました。文章にするとそれだけのことですが、レッスンにおいて手本で示される抑揚の付け方というものは体験してみて初めて実感できるものでした。絆は1楽章や2楽章もそうですが、トレモロの3楽章もフレーズの収め方、間の取り方とかなり抑揚や揺らぎを出すことを求められました。指摘されたことを演奏に反映して行くと表現が深くなることを実感出来てとても充実したレッスンを受けることが出来ました。また「水面に映る影によせて」はあまり時間がありませんでしたが、この曲を作った背景として奥様とボートに乗っていて水面に映る奥様を想って作ったとのことで曲のイメージが深まりました。
 2日目の午後に受講者発表会があり、私は「絆」を演奏しましたが、レーモン先生にはとても喜んで頂けたようです。私はこの発表会後に途中で帰宅したのですが、帰る時も沢山の褒め言葉を頂き恐縮しました。これからもレーモン先生の曲を演奏したい、また先生にお会いしたいという思いを強くしました。
14051662_321502084869353_3106585617919758900_n.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽