So-net無料ブログ作成
検索選択
ギター曲 ブログトップ

ジャン・フランセのギター曲 [ギター曲]

バイブルという名前を付けるのはどうかと思いながら内容は悪くなさそうだったので「ギター音楽リスナーズ・バイブル」という本を買ってみました。
rps20161029_152456.jpg
著者の朝川博さんはレコード芸術や音楽の友の編集をされていた方でクラシック音楽全般に造詣が深く、アマチュアギタリストでもあるため、ギター音楽史を網羅的に分かり易く解説されています。私が知らない曲も出てきて参考になります。
特にギタリストのレパートリーとしてはあまり取り上げられないけれど、近現代のギタリストではない作曲家によるギターオリジナル作品があることを知ることが出来ました。ルーセル、イベール、ミヨー、フランセなどです。
中でもジャン・フランセはギターソロ曲だけでなく、リコーダーとのソナタそしてギター協奏曲も書いていること知りました。フランセは一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、ホルン吹きでもある私にとっては木管五重奏曲やホルンとピアノのためのディベルティメントなどの室内楽作品で馴染みがあります。
ギターソロの曲としてはプレリュード、セレナータ、パッサカリアの3曲を残しています。この中でパッサカリアの音源を探して聴いてみたのですが、演奏時間が10分を超える作品でフランセらしいエスプリに富み、ギター曲としてはユニークで面白いと思いました。そこでこのフランセのギターソロ3曲の譜面を海外サイトで購入してみました。届くまで日数がかかると思いますが楽しみにしています。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

編曲と調性 [ギター曲]

しばらく更新が止まっていました。

他の楽器のために作曲された曲を編曲してギターで演奏することは良くあります。アルベニスやグラナドスなどのスペインの作曲家によるピアノ曲はギターで演奏される機会の方が多いですし、ギター奏者は当たり前にギター曲だと思っている人も多いでしょう。またオリジナルの演奏を聴いたことが無いという人も多いのではないでしょうか。他にもタレガがクラシックの名曲を沢山編曲していたります。こういう編曲では当然のようにギターで演奏しやすい調性に移調しています。バッハの無伴奏チェロ組曲も移調されることが多いです。逆に移調せずに演奏出来るものはバッハの無伴奏バイオリン曲だったりします。

基本的にギターはフラット系の調性が苦手です。その理由は簡単なことでフラット一つのヘ長調はシにフラットが付きますがシは2弦の解放弦です。変ロ長調は1弦、2弦、6弦にフラットが付き、変ホ長調は1弦と2弦と5弦と6弦の解放にフラットが付きます。ということでとことんフラット系はギターには不向きです。ですから基本的に原曲がフラット系の調性の場合はシャープ系に移調してしまいます。カポタストを使うという方法もありますがカポタストは独特な音色がありますのでギター本来の音色とは異なってきます。

私は絶対音感はありませが、作曲家が選んだ調性というものは尊重すべきと思っています。バロックや古典の時代はピッチが低かったということから調性の性格って何という人もいますが、その時代から調性の性格というものは意識されてきました。ピアノでは平均律ではない調律方法により調性毎に主要三和音の響きが違うという話もありますし、弦楽器ならポジション毎の共鳴や音色の差があり、管楽器なら運指からくる音色の差もあります。

上に書きましたがギターで当たり前に演奏するシャコンヌはオクターブ低くなるものの移調せずに演奏出来ます。私は以前にプロのホルンアンサンブルがホルンの合奏でシャコンヌを演奏するのを聴いたことがありますが、その時はニ短調のシャコンヌをト短調で演奏していて、演奏の上手い下手と関係なく調性の違和感からまともに聴くことが出来ませんでした。アルベニスやグラナドスの曲も多くはフラット系で、原調を無視してギター曲として演奏することに抵抗を感じます。編曲はレパートリー拡大に必要なことだとしても、自分で演奏できる曲に限りがあるならギターの為に書かれたオリジナルを優先したいと考える所以です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

プーランク サラバンド [ギター曲]

年度末で仕事が忙しいのと、ホルンやギターの活動もイベント続きで更新が滞っています。
先日、クラスタでプーランクにサラバンドというギターオリジナル作品があることを知りました。
イダ・プレスティのために1960年に書かれた曲とのことですが、プレスティはこの曲を演奏することは無かったようです。プーランクは1963年に亡くなっており、プーランクの戦後の曲に関しては日本における著作権保護期間を経過しており、この曲は日本では著作権フリーな曲になります。なおプーランクの戦前の作品については著作権の戦時加算に該当するためまだ保護期間の作品もあります。

サラバンドはリコルディから出版されており、IMSLPでも公開されています。譜面を見るとかなり凝った運指がつけられていますが、プーランク自身はギターを知らないでしょうし、献呈されたプレスティも演奏していないことから、出版時に誰かが付けた運指と思われます。とてもシンプルな譜面ですので、演奏したものをyoutubeに置いてみました。有名作曲家によるギターオリジナル曲といて貴重な作品だと思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジャン=マリー・レーモン 絆 [ギター曲]

ジャン=マリー・レーモン(Jean Marie Raymond)は1949年モロッコ生まれのギタリスト、作曲家です。稲垣稔さんの留学時代からの親友で80年代には二重奏の録音を行っています。稲垣さんのCDにも何曲かレーモンの曲が入っています。私がレーモンに興味を持ったのは2014年11月の発表会で先生がレーモンの「明石の空の下で」を演奏され、また別の生徒さんがレーモンの曲を演奏するのを聴いてからです。「明石の空の下で」は病床の稲垣さんの為に作られた曲です。その発表会の後で「明石の空の下で」を弾いてみなたくなり、GGショップにてレーモンさんのアンソロジーという分厚い曲集の譜面とKIZUNAというCDを買いました。
DSC_0352.JPG
このCDがレーモン&稲垣の2重奏の復刻に二人のソロを追加したものという内容で、稲垣さんは「絆」と「水面に映る影に寄せて」を新らたに録音されており、これが多分稲垣さんの最後の録音ではないかと思います。そしてこの稲垣さんの演奏する「絆」を聴いて心が震えました。この曲は東日本大震災犠牲者への鎮魂を込めて作られており、譜面には友人である稲垣稔と日本の人々に捧げると書かれています。「絆」という曲名は稲垣さんが付けられたそうで、原題もKIZUNAです。そして私はこの「絆」を2015年夏のアマチュアギターコンクールの自由曲に選びました。絆は私にとって大切なレパートリーになっています。昨年の9月に楽章別にyoutubeにアップしていますが、3月11日を迎えるにあたり、通しで演奏したものを新たにアップロードしました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ベニカシムの想い出2 [ギター曲]

ご紹介したクレンジャンスのベニカシムの想い出の音源がないので、未熟な演奏ですが自分の演奏をyoutubeにアップロードしてみました。
良い曲なので弾く人が増えて欲しいです。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ベニカシムの想い出 [ギター曲]

フランシス・クレンジャンス(Francis Kleynjans)は1951年パリ生まれのギタリスト、作曲家で数多くの曲を書いています。クレンジャンスは「最後の日の夜明けに(L’Aube Du Dernier Jour)」Op.33で1980年のバリ国際ギターコンクールの作曲部門で1位を受賞しています。この曲は死刑囚が処刑されるまでを描写した緊張感溢れる意欲作ですが、クレンジャンスの曲の多くは心地よい癒し系の曲調のものが多いと思います。

クレンジャンスはミラノ風ワルツ(La Milanaise)Op.143という曲を稲垣稔さんに献呈しています。稲垣さんはこの曲をCD「SONGS」に収録しており、日本では親しまれている曲だと思います。このLa MilanaiseはHenry Lemoineから3曲セットで出版されており、他の曲はOmbre Op.94-2とSouvenir de Benicasim Op.142です。La Milanaiseはもちろん良い曲なのですが、OmbreとSouvenir de Benicasimも素晴らしい作品です。Ombreは暗いから明るいのグラデーションの意味で強弱の変化による陰影が印象的です。Souvenir de Benicasimは「ベニカシムの想い出」というトレモロの大変美しい曲です。私はSouvenir de Benicasimを発表会で先生が演奏するのを聴いて感動して、楽譜を買い求めました。
La Milanaiseは稲垣さんのCDで聴くことができますし、Ombreはクレンジャンス自身の演奏するCDに含まれています。ですがSouvenir de Benicasimの音源は見当たらず、youtubeでも演奏している人はいないようです。とても美しいトレモロ曲なのでもっと演奏されて良いと思いますし、是非プロ奏者にCDに入れて欲しい曲です。私もSouvenir de Benicasimを練習して何度か人前でも演奏してみたのですが、左手の押えが難しい箇所があり、まだ満足できる演奏は出来ていません。

なおSouvenir de Benicasimの楽譜にはベニカシムで開催されるタレガ国際ギターコンクールを主催する「Domingo Tarregaへ」と書かれており、アルハンブラの想い出のオマージュとして書かれたものだと思われます。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ギター曲 ブログトップ